ウゴトル活用事例紹介 その1バッティング指導篇

バッティングフォームをその場で簡単にチェック。
アドバイスの効果・練習の成果を実感、選手のモチベーショもアップ!

全世界で60万ダウンロードしていただいているウゴトルを実際にご活用いただいている現場を取材させていただきます。今回は、野球のバッティングスクールを展開している、JBS武蔵さんにお邪魔して取材させていただきました。

担当していただいたのは、JBS武蔵の下(しも)コーチ。
ユニフォーム姿も決まっています!JBS武蔵大塚校は、大塚駅から徒歩1分にある大塚バッティングセンターで毎週開催されています。
今回は取材のため、生徒さんにもご協力いただきました(しかもイケメン!)

【JBS武蔵 下コーチの活用方法】

まずはバッティングブース内に三脚を置いてiphone設置、撮影アングルを固定します。
バッティングフォーム全体が入るアングルでRecスタートします。
トスバッティング、マシンバッティングなどを行い、その都度、口頭でアドバイスを行っていきます。
生徒が自分ではできていると思っているイメージと、実際のフォームにズレがあるとコーチが感じたら、Recを止めて、ウゴトルを起動。

ウゴトルの動画一覧から、いま撮った動画を選択し、画面のスワイプで素早く指導したい箇所を探しだします。
生徒に実際のフォームを見てもらい、その場でイメージと実際のギャップを視覚的に認識してもらいます。
細かく指導したい箇所については、「コマ送り」しながら説明することで、より指導内容の理解が深まります。

生徒さんも、その場ですぐにウゴトルを使ってフォームのアドバイスを受けることで、アドバイスの前と後の効果の違いを実感することができます。
このことで上達を実感でき、モティベーションアップにもつながります。

取材協力
JBS武蔵 様
http://ged-bb.jp

フォームチェックに使えすぎる!使うだけで上手くなるアプリと評価していただけました!
http://ged-bb.jp/blog/training-app

ご協力ありがとうござました!
今後もウゴトルを効果的にご活用ください。

自在にコマ送り! 簡単フォームチェック!
ウゴトル

全てのダンサー・スポーツ選手必携のアプリ!
動画をコマ送り、スロー再生して分析・上達するための最高の動画プレイヤー。
世界のダンス/スポーツチーム、教育機関でも導入多数!